ちぎれそうなところ
礫浦(さざらうら)(三重県度会郡南伊勢町) 2009.3.18
志摩の英虞湾は何度か行ってるけど、その隣の五ヶ所湾って行ったことない。
ここもやたらと複雑なリアス式海岸だけど、足をのばしてみようかな。
そう思って地図を眺めていたら・・・おんやぁ〜?


 

もしかしてこの形は・・・トンボロかいな!?
地名にも何となく魅かれるぞ。
 
 五ヶ所湾にはいわゆる溺れ谷がきめ細かくいくつも切り込んでいて、陸地がバラバラになっている。
 溺れ谷に切り刻まれた陸地はそれぞれ小半島となって五ヶ所湾の中心へと突出しているが、その中で最も長い突出の先端に礫浦がある。
 まるで五ヶ所湾に振り出したタクトの先端のようだ。

 海上交通を考えると、この立地はまさに五ヶ所湾内の指揮を執るにふさわしい場所ともいえるだろう。
 しかし陸からアプローチする場合、礫浦=遠くて不便、としか言いようがない。

 公共交通でなら、伊勢市から三重交通バスに乗って五ヶ所浦まで1時間、そこから日に6本の町内バスに乗り換えて40分ちょっとかかる。
 かなり秘境度の高いトンボロといえるだろう。

 今回もトンボロ周辺を右へ左へウロウロしたが、ここでは、トンボロ付け根→内湾側→トンボロ内部→外海側→先端の陸繋島という順で、各部分ごとにまとめて記述する。
トンボロの付け根
 ここで再び最初の地図をご覧あれ。



 礫浦は南東面の外海(五ヶ所湾口)と、北西面の小さな内湾とに挟まれている。
 先端に陸繋島(かつて島だった部分)があり、その手前にトンボロらしいウエストラインのくびれ部分があるわけだが、どういうわけかその根元がラッキョのようにふくらんで、おしりに池がある。このラッキョ型のふくらみは何なのか。

 陸からのアプローチでは、西側内湾のいちばん奥が礫浦の玄関口になる。
 湾の南東端に礫八幡神社があり、その背後からラッキョ尻の池の横あたりまで小高い丘になっている。これが本来の本土の端なのだろう。

 
(左)礫八幡神社   (右)境内には、板根が発達する南方系のホルトノキが生えている

 神社の横の丘には宮山古墳(6世紀後半)がある。横穴式石室からは大刀や須恵器が出たらしい。五ヶ所湾一帯を支配した海人族系の豪族と思われる。
 その古墳へ上がる坂から、ラッキョ部分の池およびトンボロ方面が見えた。池は船溜りになっている。

 古墳への坂から見下ろす船溜りと陸繋島

 上写真、右端のこんもりした森が本来の本土先端と思われる丘。船溜りの正面が陸繋島で、そこへ向かってトンボロ砂州がまっすぐのびているが、ここからは高さがたりなくて見えない。
 左のほうの建物はラッキョ尻のふくらみ部分に位置している。

 
(左)船溜りのほとりから   (右)この水門で内湾と隔てられている。水は美しく小魚が多い

 上左写真で見えている住宅はすべてラッキョ尻部分にある。
 平らな土地だが、トンボロ砂州の一部なのかどうかはわからない。こんなふうにお尻がポッコリふくらむトンボロってあるのかな。
内湾側(北西)
 水門の橋を渡ってふくらみ部分に行くと、内湾沿いは2車線道路になっていて、デイサービスセンターや郵便局など礫浦の中心施設がある。
 内湾は漁港になっている。すべて船が接岸するための岸壁と化していて、砂浜はまったくない。それでも水はたいへん透き通っている。

 
(左)ラッキョのふくらみ部分から見た礫浦漁港   (右)内湾堤防沿いの道路、郵便局あり。正面は陸繋島

 こちら側の堤防は上右写真のようにとても低い。美しい海底を覗きながら散歩できる。
 2車線道路は陸繋島の付け根までまっすぐに続いている。
トンボロ内部
 2車線道路を歩いてもあまり楽しくないので、トンボロ内部の集落内を歩こう。
 郵便局を過ぎたあたりから右側の集落内路地に侵入した。2車線道路とほぼ平行した道を、陸繋島方面へ歩く。
 民家が密集する狭い路地を、地元の中学生か高校生くらいの数人連れが歩いていた。

 
(左)集落内を通る   (右)狭い路地が続く

 
(左)けっこう高低差がある   (右)トンボロ内に続く道

 左上写真では、ブロック塀を挟んで海岸沿いの2車線道路より1段高くなっていて、「海抜4mです」との標識がある。

 しかしトンボロ内は、外海側に向けてさらに微妙に高くなっていく。
 少しラッキョ尻側に戻って、さっきより1本外海側の路地に移動した地点で左右を見比べたのが下の2枚の写真だ。

 
(左)内湾側の堤防を見る。ラッキョのふくらみ分、遠い   (右)まわれ右して外海側を見る。堤防が高い

 内と外の堤防の高さの違いが鮮明だ。外海側は家の2階部分くらいまであり、向こうの景色がまったく見えない。
 しかも内湾側から外海側へ、ゆるやかな上り坂になっている。

 再び陸繋島に向けてトンボロ内を歩こう。路地は少しずつ曲がったり分岐したりしながら、最も狭い部分に向けて収斂してゆくかたちになる。
 それにしても、このトンボロには人家がみっちり密集している。これまで訪れたトンボロと比べて最高密度だ。生垣はまったくといっていいほど見当たらず、ブロック塀か外壁むきだしだ。
 迷路っぽい感じで楽しくなってきたぞ。

 訪問診療の医師と看護師が迷子になっていた

 
(左)おもしろい外壁の模様   (右)水色と緑に塗り分けられた家

 
(左)水色と緑の家から別の路地が派生する   (右)干物の籠と洗濯物がずいぶん高いところに干されている

 
(左)狭い路地、砂州の根元方面を見る   (右)外海側の堤防へ上がる道

 外海寄りの路地には、「海抜6m」とか「海抜7m」との標識がある。そういえば串本にも海抜7mの地点があったけど、礫浦のように小さなトンボロで7mも高さがあるなんて、ちょっと驚きだ。

 それはたぶん、ここの地名に関係しているのだろう。
 礫とは小石を意味する。つまりこのトンボロはゆるやかに砂が堆積したのではなく、太平洋の荒波によって海底の小石が巻き上げられ、打ち上げられてできたに違いない。

 
(左)陸繋島に近づいてきた。右端が外海側の堤防。正面の緑の家が印象的   (右)緑の家から路地を振り返る

 ここで外海側の堤防に上がった。
外海側(南東)
 外海側の堤防は高い。海抜6〜7mの路地からさらに2〜3mの高さがあるから、海面から10m近くあるのではないか。内湾の腰かけみたいな堤防とえらい違いだ。
 上写真の緑の家から、堤防上を少しトンボロの根元方向へ移動した地点から外海を眺めたのが下の写真。

 
(左)左端は陸繋島    (右)右のほうに五ヶ所湾の入口が見える。右端は本来の本土先端

 ざらっとした砂浜。波打ち際にテトラポットが並べられている。太平洋の荒波は、右の五ヶ所湾の入口から襲ってくる。
 目をもう少しトンボロの内側へ向けて、堤防を中心に見ると、こんなふう。

 
(左)本土方面   (右)陸繋島方面

 上右写真にさっきの緑の家が写っている。もう少しそれに近づいてみよう。

 
(左)トンボロの幅の狭いあたり   (右)対岸まで100mほどしかない

 緑の家のあるあたりが、トンボロの幅が最も狭くなっている。
 そして左下写真をご覧いただきたい。

 
(左)緑の家からまっすぐ内湾側を見たところ   (右)陸繋島の付け根から

 路地の突き当たりの壁の向こうが一段低くなっているのが、屋根の高さからおわかりだろうか。さらに内湾沿いはもう1段低くなっている。
 トンボロ内にこれだけの高低差があるということね。
陸繋島(礫浦浅間山)
 堤防のドンツキまで行くと、陸繋島に細い道がついている。さっそく登ってみた。

 
(左)陸繋島はこんもりとした照葉樹の森   (右)道がついている

 
(左)森の中を登っていく   (右)第一のピーク

 ピークをひとつ過ぎて少し下ると、トンボロと反対側の海岸に出る。すごいガケになっていて、小道はそのフチをへづったりしながら続いている。
 再び登りに転じたところで、前方に白い鳥居が見えた。

 
(左)第二のピークの手前に白い鳥居がある   (右)鳥居をくぐると森の奥にまた鳥居

 真っ白な鳥居とは珍しいな、と思って近づいてみたら、山頂はこんなことになっていた。

 おや? あれは・・・

 
(左)3体の石仏だ   (右)鼻やくちびるがなんとなく南方系?

 
(左)神も仏もありゃしない   (右)巨木に囲まれていてトンボロは見えなかった

 ミもフタもないほどの、あっけらかんとした神仏習合だ。明治の廃仏毀釈もさすがにここまでは届かなかったのか。紀伊半島おそるべしである。
 石仏の背後の木に、「礫浦浅間山、45m」との札がどこかの山の会によって取り付けられていた。このあたりは浅間信仰が盛んであり、航海の目印になる海辺の山はたいてい「○○浅間山」と名付けられている。

 登りはじめから山頂まで10分弱だった。しばらく雰囲気を味わって、来た道を戻った。

 下りてきたところからトンボロ外海側の眺め
執念の遠景
 しかし今回はトンボロの全景を高いところから見れてないぞ。どうにかして見たいものだ。
 礫浦から南西、相賀へ続く道路を登っていくと、高台に何軒かの旅館がある。それらの玄関前からの眺めをしつこく試して、ようやくなんとかとらえた。

 残念ながら手前の山が邪魔をしてトンボロのウエストラインは見えなかったが、右側の外海側から左の内湾側へ向けてトンボロがゆるく傾斜しているさまが確認できた。
 それが下の写真だ。


相賀へ抜ける道から見た礫浦と、陸繋島の礫浦浅間山

 礫浦は他地域から隔絶された小さな集落だが、ほとんどトンボロだけで一つのコンパクトな町を形成しているさまは、変態トンボロファンとして妙な愉快さを覚えるものだった。まさに小さな「トンボロの町」だ。家々の密集と狭い路地もおもしろかった。
 ただ、トンボロ内に売店や飲食店が見当たらなかったのが残念。それとあのラッキョ型のふくらみがどうやってできたのかは今もってよくわからない。

 礫浦の方々には、できれば浅間山の山頂の木を少しだけ切って、トンボロが眺められるようにしていただけると嬉しい。俺だけかもしれないが。

 おしまい。(記:2009.4.15)
このページの頭トンボロの町へちょっとした旅ホーム